●適度な偏心収縮後の接地は筋肉の損傷を軽減する 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

●適度な偏心収縮後の接地は筋肉の損傷を軽減する 

この研究では痛みの緩和に差は見られなかったが、アーシングは損傷した筋肉細胞からのCKの損失を減少させ、治癒効果を示した。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加