感覚障害への効果について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーシング研究会員 理学療法士 垣内先生からの症例報告

 

本日の治療した方は『手の先がお湯の温度を感じない』『足裏の感覚が鈍い』という症状。

5回目の介入時から、『最近さ、温かいを感じるようになってきたよ!』とのこと。

まだ指先まで介入はしていなかったのですが、全身的に効果が普及した様です。

おまけに、足裏の感覚も敏感になってきたとの事。

感覚障害の回復は個人差が大きいですが、ヘルニアの様な整形疾患・脳梗塞の様な中枢疾患共に、半年ほど続けるとアーシングをしなくても左右差が気にならなくなってきた、と感じて頂けた方もいらっしゃいました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。