アーシングとは?

What earthing

アスファルトと電磁波に囲まれた現代人

現代社会では人類の発展とともに道路がアスファルトで整備され、靴底がゴムの靴を履き、地面に触れる機会が全くと言って良いほど無くなっています。昔の人は毎日のように直接地面に触れ、自然とアーシングしていたのですが、人類の進歩により、地表、すなわち地球から隔離された状態になっているのです。
ましてや空気中にも、電子レンジなどの電化製品やスマートフォンや基地局などの通信機器が放電する電磁波が溢れています。
それが原因で今までなかった身体の不調や不具合が発生しているとすればやっかいな問題です。
なぜなら普段の日常生活では、なかなか地球と触れ合う機会や時間を作ることが難しいからです。

身体内に電気が溜まっている現代人

人間の体は、日々電気を発生しています。例えば、人が筋肉を動かすのも電気信号を発生させているからです。
ミクロの世界で言えば、人の細胞にはミトコンドリアというものがあり、このミトコンドリア自体、体の中の小さな発電所となって電気を発生させています。そして、脂肪は電気を通しにくい性質を持っています。
さらには、アスファルトや靴底で地球と隔てられた生活により、現代人は電気が体内に溜まりやすく、地球より電位が高い状態になっているのです。

電気が溜まると活性酸素が発生しやすくなる

体内に電気が溜まることで、電気を帯びた電子の活動が活発になり、活性酸素が発生しやすくなります。人は呼吸をして生きています。つまり、酸素を取り入れ、二酸化炭素を吐き出しています。呼吸によって体に取り込まれた酸素は、体内で電子の授受を繰り返して、最後に二酸化炭素(CO2)に分解されて体外に排出されます。この時、体に取り込んだ酸素を100%二酸化炭素として変換できればいいのですが、うまく電子の授受ができないと、活性酸素が発生します。

活性酸素の産生が過剰になった状態を酸化ストレスと言います。通常、紫外線、放射線、大気汚染、たばこ、薬剤などの物質が挙げられますが、体内に余分な電気が溜まっていても、この酸化ストレスが発生し、本来なら正常に行われる電子の授受がうまく行われない現象が多発すると考えられます。そしてこの活性酸素は、体内の様々な場所で炎症を起こす原因になることがわかっています。人類の病気や痛みの元は炎症から発生し、活性酸素は炎症の元と言われているのです。

人体におけるアーシングがなぜからだにいいのか

アーシングは、地球と身体の電子のやりとりをすることで大地と度同じ電位になり、活性酸素の発生を抑える。
ここからは量子力学の話になってしまうのですが、量子とは物質を構成する一番小さい単位です。量子にも陽子、中性子などの種類がありますが、その中でも代表的なのは電子です。生物はその電子の塊でできていると言ってもいい存在です。量子力学自体、まだ解明されていないことが沢山ありますので、現時点ではあくまで推測のお話にはなりますが、アーシングをして炎症を抑えたり、痛みが和らいだりすることは地球とのこの電子のやりとりで理屈が通ります。アーシングした瞬間は体に溜まった静電気が地表に放出されます。ただし流れっぱなしではありません。そのあと身体は大地と同電位になっています。これは、地球から電子が体に取り込まれることも同時に起こっていると考えられます。つまり、アーシングは大地と同電位になる事で、体から不要なものを出し、地球から必要なものを取り入れるという物理現象なのです。

アーシングは身体の免疫力を高め、様々な不具合を解消する

このようにアーシングによって地球と同じ電位になることにより、今まで体内で不具合を生じていた様々な現象が解消されます。
アーシングの効果としては、
・血行が良くなり、体がポカポカするようになった
・寝つきがよくなる、ぐっすり眠れる、寝起きが楽になったなどの睡眠の質が上がる
・肩コリ、腰痛、頭痛が軽減する
・ストレスの軽減、うつ病、めまいなどの軽減
・スポーツ選手の練習にアーシングを取り入れたら選手の怪我が減った
・女性は特に肌にキメがでてきて、肌質がよくなった、
などの報告があります。
総じて言えば、アーシングは体の免疫力の回復やアップをもたらしているのです。

アーシングすると血液の流れが良くなる

アーシングで一番わかりやすい効果は、血液の流れが良くなることです。
図は、アーシング前とアーシング後の赤血球の状態ですが、アーシング前には、静電気で赤血球どうしがくっつきあい、流れが悪くなっていたのが、アーシング後はお互いに離れ、スムーズに流れるようになっています。
アーシングをして柔軟性が良くなるのも、それが理由です。

アーシングは、空気中の電気や電磁波の除去にも役立つ

体内に電気が発生するように、空気中にも様々な電気や電磁波が発生しています。
特に電子レンジなどの電化製品だけでなく、最近ではスマホや5Gの電波塔からも高周波(電気の一種)が発生しています。
アーシングの本来の目的は地球と人間の身体内の電子の授受ですが、このように電気や電磁波に満ちた空気中の電場に対しても有効に作用し、空気中の電気や電磁波を地面に逃がし、低減することができます。

やり方はいたってシンプル

ではアーシングをどうやるのかと言うと、一言で言えば、裸足で地面に触れるだけです。あるいは、公園に生えている樹木に手を触れるだけでも同様な効果があります。

屋内でアーシングができる器具の開発

そこで屋内でも屋外でも手軽にアーシングができるグッズが開発されています。代表的なのは、アーシングシーツです。これは毎晩お使いになるシーツをアーシング仕様に変えたもので、睡眠という最も大事な時間中ずっとアーシングができるものです。次にアーシングマットです。ご家庭の様々な敷物の代わりに使って頂くことで、手軽にアーシングができるものです。マットは敷物なので、移動ができるようにアーシング靴下というものもあります。さらに、アーシングヨガマットもあります。ヨガは大地と繋がることが大切です。ところが、たとえ屋外でヨガをしても、ゴム製のヨガマットでは電気的には大地と遮断されてしまっています。通電できる状態で大地と繋がる事が本来のヨガであり、アーシングヨガマットでそれを実現できます。また、屋外でも日常的にアーシングができるように、アーシングシューズもあります。どういう構造かと言いますと、伝導性の靴底があなたを地面につなげます。

アーシングの歴史

アーシングは、実は自然治癒法とし昔からて世界各地で行われていました。日本では、戦後には既に楢崎 皐月という人が電磁波と人の健康に関する本を出版しています。また、1980代から日本のある医学界でも、当時から治療に取り入れていました。アメリカでは、モンタナ州出身のクリントン・オーバー氏がその概念を体系化し、現代人でも手軽にアーシングができるように様々な商品化を図りました。
アーシングは日本の医学界でも注目されています

日本のある医学会では2019年、2020年と学術会議で、アーシングに関する論文をアーシング研究会員の獣医師西川めぐみ先生が発表しています。

鍼灸接骨院、治療院、リハビリ、介護などの業界でも、アーシングを通じて患者さんを治療した改善事例が数多くあります。