活性酸素に対する、アーシングと水素について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、数年前から水素吸引や水素風呂をして活性酸素の除去をやられているという方からお問合せを頂きました。
その方は、ウィンドサーフィンで腰を痛め、マットを腰に当てて寝たら、翌日には痛みが引いていたそうです。
「水素ではこんなことはできません。水素を止めてアーシングだけにしようと思うのですがどうでしょうか?」
という内容でした。

活性酸素に対する影響がアーシングと水素では違います。

水素には、無機物と有機物のものがあるそうです。無機物の水素は気体なので体に取り入れにくいそうで、有機物の方が体に取り入れやすいという事があり、同じ水素でも質が違うという事があるようです。
水素についての詳細は別途また記事にしたいと思いますのでここでは簡単な説明になりますが、

水素は活性酸素を除去してくれます。

アーシングは活性酸素の電子の授受で発生を抑えてくれます。

このような違いがありますので、どちらかだけというよりは両方やる方が活性酸素には有効という事が言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。