生理痛への効果について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーシング研究会員 理学療法士 垣内先生からの症例報告

 

知人からご報告を頂いたケースです。

その方は毎月の生理痛が重く、腰痛とだるさで一日家事が出来ない状態になるという方でした

ところが、アーシングリストバンドを2つ、下腹部(両側の子宮の前方)に下着で挟んで装置すると、生理痛が治まり、家事も平気だとの事。外すとすぐにだるさと痛みが戻ってくるので、生理中は極力使用する事に。

そんな生活を半年ほど継続したところ、最近はアーシングしなくても、不思議と痛み・だるさが起きず、出血量まで減ってきたとの事でした。

薬ではどうにもならなかった症状だったので、とても喜んで頂けました。

生理中は子宮を収縮させ、はがれ落ちた子宮内膜を排泄する「プロスタグランジン」というホルモンが分泌されます。

子宮の血流が悪いとこのホルモンの排泄が阻害され、子宮の収縮が長引くため腹痛や腰痛が起きると言われています

今回のケースはアーシングにより血流が改善し、プロスタグランジンの排泄が促され、生理痛の改善に繋がった可能性が考えられます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。