脊柱管狭窄症の感覚障害への効果(📹動画あり)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーシング研究会員 理学療法士 垣内先生からの症例報告

 

症状:脊柱管狭窄症による左足部の感覚障害

使用したアーシンググッズ:リストバンド

方法:左の腰部・ふくらはぎ・足の母趾にテープで固定

今回の被験者は80代女性。

脊柱管狭窄症により左足部全体の触感覚鈍麻がみられました。

右足の感覚が10とすると、左足は半分の5くらいの様子。

アーシングを開始すると、すぐに腰がぽかぽか温まるのを感じてました。

30分間のアーシング後は、『右足と左足の感覚がほとんど同じに感じる!』とおっしゃっており、明らかに感覚鈍麻が改善しているのが確認できました。

いつまで効果が継続するか、完治にはどのくらいかかるかは個人差がありますが、この方の場合は1週間後も効果が持続している様子でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。