鬱病への効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

改善例:鬱病

使用したアーシンググッズ:ボディバンドまたはリストバンド

使用方法:ボディバンドを頭部に30分、またはリストバンドを手首に30分使用

過去に鬱病の方を2名治療する機会がありました。いずれも、『元気が出なくて、心療内科に通っている』『1日500円する薬を飲んでるが治らない』『計算が出来ないくらい頭が回らなくなる』『運転もボーっとして道を間違える』
と、お困りの様子でした

一方の方は治療が始まり30分ほどで、『頭の中に溜まっていた空気が出て行った感じがする。今、頭の回転が普通になっている』次の日も、その次の日も普通な状態が保てていたとの事で、その後自宅でもアーシンググッズを指導して今もいい状態だそうです

もう一方の方も、次の日から笑顔になれ、最近ではむしろハイテンション過ぎて困る、とご家族からお話しを聞きました

電磁波過敏症はまだまだ未知な部分が大きいですが、アーシングで鬱病や不眠症が解消される方がいるのは事実です。アーシングがもっと常識になれば、救われる方は間違いなく増えるでしょう

こういった情報が多くの方に届けば幸いです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。